お問い合わせ、団体様ご予約は… TEL.0595-45-6810 〒519-1402 三重県伊賀市柘植町5704-1
伊賀ドライブイン
伊賀ドライブイン入口へ


水無月の風とともに。。。
6月10日(土) 梅雨入り宣言もなんのその…水無月(みなづき)の爽やかな風が吹いて、drive-inを軽快に包んでくれてます。クールビズではなく自然のマイナスイオンが私達の最高のおもてなしです。。新緑と涼風、朱赤色の『伊賀』は一年で最も美しい季節です。。
f0078545_1141287.jpg
館内の全てを開放して⇒心と身体まで開放(リフレッシュ)。。。ガーデンテーブルも設置してま~す! お昼ごはんもワンちゃんと一緒に食べれてみんながhotファミリーです。。名阪国道と新緑をパノラマにして『癒しと気づき』のひとときを過ごしてみませんか??
f0078545_11413045.jpg
うどんコーナーの新企画・旬の天婦羅トッピングも好評です!社長のアイデアをまたまた今度は、全員で盗んじゃたんで~す。。調理は『花乃茶屋』店長・料理長の担当です。。もちろん、プロの味…ナスビ80円・さつま芋100円・カキ揚げ130円・穴子天190円etc
f0078545_11415872.jpg
水の季節なのに水無月とは??6月の代表的和菓子水無月。。残り半年、無病息災を願い古くより愛されてきました。。体が最もまいる(疲れる)この季節に水無月の甘みで心を癒してくれます。水無月は白い外郎(ういろう)生地に小豆をのせ、三角形に包丁されたお菓子。。三角形は暑気を払う氷をかたどったものです。室町時代には幕府や宮中での年中行事のひとつとして氷を口にして暑気を払いました。しかし、庶民にとっては夏の氷は簡単に食べられるものではありません。氷をかたどった菓子が作られ、これが水無月のいわれです。。名古屋の名産『ういろう』は今一番売れてま~す::みやげコーナーより
f0078545_11421048.jpg

by igadrivein | 2006-06-09 11:42 | 以前の記事201005
<< 『花乃茶屋』の由来と昼食のいろ... 伊賀米コシヒカリの歳時記 >>
お問い合わせ、団体様ご予約は… TEL.0595-45-6810 〒519-1402 三重県伊賀市柘植町5704-1

Copyright © Kakisen
kakisen@violin.ocn.ne.jp